スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
アサクチカップ第2,3節
結果

VS ドルフィンズ  1-6    得点者  なおき(NO.10仮)
※相手得点は2点ゴールを含む


VS 鴨方クレイジーモンキー  1-4   得点者  さとやん(NO.18)




ドルフィンズ戦
ACミカン、前回対戦の反省をまったくいかせない鳥頭ぶりを発揮する。
決定力を備えたFWと進化したコンビネーションサッカーを披露したドルフィンズと、光明を見出せず連敗のACミカン。リーグ前半戦はクッキリ明暗が分かれた。


「大事な試合だと分かっていた。強い気持ちで試合に臨んだ」とセクハラ王(NO.12)が話していたが、ミカンはいつものとおりノープランで挑んだ。
全員が好き勝手に動き回り、献身的な動きをする者は皆無。

予想通りいきなり前線に張っていたドルフィンズの32番、女性FWに2点ゴールをぶちこまれた。
この先制点でこの試合は決した。
ACミカンは無駄に体力を消耗するばかりで、最初から最後まで主導権はドルフィンズにあった。すべての面で相手が一枚上手だった。

試合中、巻選手(NO.0)は相手選手に「前線で張ってばかりじゃなくもっとパスを受けに行った方がいいんじゃないの」とアドバイスをうけたらしい。

しかしこの試合、なおき(NO.10仮)によるリーグ戦初ゴールという大きな収穫を得た。












鴨方クレイジーモンキー戦

そもそもカテゴリーが二つ以上違います。
ファジアーノがバルサに挑むようなもんです。
浅口市フットサル大会優勝チーム相手にびびってます。



スタメンはきっちり固めて、どこまで耐えれるか・・・
とミカンにしては珍しくゲームプランを考えてはみたのですが

キャプテン(NO.19)のご乱心(突然のスタメン直訴)によりまたも
ノープランで挑むことに。


が、この起用が結果的にあたった。
前半だけなら間違いなくMVP級の働きを見せた。

ダイヤモンドの底で全体のバランスを取り、特に守備時には抜群の
ポジショニングでクレイジーモンキーの攻撃の芽をことごとく摘んだ。

「自分は声ではなくプレイでみんなを引っぱるタイプだから」
とキャプテン(NO.19)は謙遜したが、キャプテンのプレイが後半のあの
シーンにつながったのではと思う。


中略


誤解のないように言っときますが、予想してたよりは耐えたかな?
というだけのことです。

で、0-3で迎えた後半5分にそのシーンは訪れた。
自陣PA手前でボールを奪った瞬間全体のスイッチが入った。

センターサークル付近までボールを前に運んだ。
この段階でミカンは3人、一方のクレイジーモンキーの守備陣は2人。

ここまで相手の厚い壁に悩まされていたミカンだったが、この千載一遇の
チャンスは絶対に活かすしかない。

コートを横切るようにクロスして右サイドのスペースに走りこんだ、まっつん
(NO.20)にパスが出た。
それを左ファーサイドに走りこんだ、さとやん(NO.18)へ絶妙なダイレクトパス。

このまっつんのダイレクトパスは、もしこれ以上速ければ、さとやんといえども
追いつけないし、遅ければDFにカットされる。コースも両DFがどちらもカット
できない、まさにミリ単位の精度。速さと正確性、どちらも「はずしたらどうし
よう」というほど抜群のパスがストライカーの前に飛び込んできた。

歓喜の瞬間。さとやんは確実に流し込んだ。



今回改めて思ったのは、点を取れたら楽しい。
たとえ何点取られても。




ま、本日のMVPは・・・まっつん(NO.20)ということで!
[2009/05/24 15:00] | ブログ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
<<長さん(NO.17)電撃移籍!! | ホーム | 第5回 ミカン杯 開催に向けて>>
コメント
初ゴールおめ!次は初勝利を!

鴨方クレイジーモンキー戦のレポートもおねがしますー
[2009/05/24 23:43] URL | no17 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://acmikan.blog78.fc2.com/tb.php/7-99bde264
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。